奈良県奈良市の雑貨店でシャープのお掃除機能付きエアコンクリーニングを行いました。

シャープお掃除機能付きエアコン
シャープのお掃除機能付きエアコン、2016年モデルです。
この機種はフィルターのホコリをダストボックスに溜めるタイプになっています。
シャープの以前のモデルは、フィルターのホコリを換気ユニットから屋外へ排出していましたが、
排気ダクト内にホコリが目詰まりして、屋外に排出出来なくなり、エアコン本体にホコリが溢れる
事例が沢山ありました。当店も数えきれないほど、酷い状態のエアコンに遭遇しました。
屋外排出機能は良くないのが分かったのか、シャープさんも改善してくれて良かったです。
エアコン本体
エアコンクリーニングが出来るようにエアコンを分解しました。
エアコンの部品
分解したエアコンの部品類です。この他にもフィルター自動お掃除の機械等があります。
フィルター
取り外した部品を一つづつ手洗いしていきます。
送風口
そ取り外したドレンパンの後ろ側、丁度エアコンから風が出てくる箇所になります。
カビ汚れが多数見られますね、風が当たる箇所にカビがあると言うことは…、
お部屋にもカビを撒き散らしてるのが想像できますね。
送風口
クリーニング後です。細かい箇所まで丁寧に手洗いしました。
エアコンの部品
その他部品類も綺麗になりました。真ん中に立てかけてあるのが自動お掃除ユニットです。
エアコンの部品
ホコリを溜めておくダストボックスも分解して丸洗いしました。
送風ファン、クリーニング前
風を送る送風ファンのクリーニング前です。
送風ファン、クリーニング後
先にこちらがクリーニング後です。
エアコンクリーニング中
戻りますが、エアコンクリーニング中の画像です。汚れが落ちてきます。
自作のブラシ
送風ファンを外さないでクリーニングするときは、高圧洗浄が当たらない箇所にブラシを入れて汚れを落とします。これをやるとやらないとでは仕上がりに差が出ます。
ブラッシング
因みに自作のブラシです。本体の曲面に沿ってしなやかに曲がりますので、奥の見えない汚れまでブラッシングができます。
自作のブラシ
こちらも自作のブラシです。送風ファンを外して作業する場合は要らないですが。
エアコンクリーニング中の汚水
エアコンクリーニング中に出てきた汚水です。
綺麗な水になるまですすぎます。
洗浄水が透明になるまで、繰り返しクリーニングします。
エアコン組み立て中
分解した部品をエアコンに組み付けていきます。
フィルター、ダストボックス
フィルター、ダストボックスを取り付けました。
シャープお掃除機能付きエアコン
電源を入れて、エアコンの動作確認をしてクリーニング完了です。